ニューヨークで会社員というステイタス

私の周りには、刺激的な人が多い。皆、それぞれの目標を持ってニューヨークに来ている訳で、苦労しながらも一生懸命努力している人ばかり。日本に長期滞在で帰った3ヶ月弱の間に出会った人たちもまた、輝いている人ばかりだった。会社員時代はあまり出会う事が出来なかった。 2008年にアメリカで正社員という夢が実現したは良いが、結局日本人の縦社会に埋もれてしまっていた。勤務中も日本語、アフター5に遊びに行く同僚も先輩も日本人、取引先も日本人、ランチも日系スーパーのお弁当、家に帰って迎えてくれるルームメイトも日本人…。果たして、アメリカで就職した意味はあるのか?無駄に広がる日本人コミュニティの輪にはうんざりしていた。しかし、フルタイムのオーエルというステイタスは社会的には聞こえが良いので、当時はそれに必死にしがみついていたと思う。そして、あの小さな会社に長くいた人たちもまた、そこでしか働けなくなってしまっていたのだ。ニューヨークの狭い日本人コミュニティの中でどれだけ名が知れて役職が上でも、結局、井の中の蛙。余計なお世話かもしれないが、私が嫌っていたお局や上司たちは、フルタイムの会社員というステイタスが誇りで、それがプライドの全ての様な気がした。 狭い世界に長くいすぎたせいで、思い切って今の会社を辞める勇気がない。今の自分に満足しているのは個人の自由であるが、何が不愉快かって、私たち若手社員に対する冷遇と見下した態度だ。会社は皆の力で改善していくものだと思い、自分の意見を言った所で出る杭は打たれ、時代遅れな社風を根本的に変えようとしない。君はこの会社カラーじゃないね、予算が少ないから仕方ない、君の考えは甘いんだよ社会ではそんなんじゃ通用しない、ああいえば上祐(平成生まれの子は分からんか、このジョーク…。)この会社にいる人たちは、他の社会を知らないまま何十年も同じコミュニティで生活していて、自分はそこそこのステイタスを保っていると確信している。居心地がよすぎてもう抜けられない。他に考える事がないからお局はオフィスの噂話、上司は若手社員を見下す事で自分の立ち位置を確認する。なんて可哀相な人たちなんだろう。私は、もうこの会社は無理だと思った。 世間体を気にすれば社会的なステイタスはとても大事なのかもしれないけど、他人にどう思われるかはそんなに重要なことだろうか?例え正社員というステイタスにしがみついている人たちに鼻で笑われようが、その人らのための人生じゃない。目標を追いかけている人は、プライドしかない正社員よりもカッコイイと思う。むしろ、社会的ステイタスにしがみついている人程、惨めで哀れで、他に行く場所がないから、夢を追ってアウトローに生きる人たちを馬鹿にする事で自分のプライドを守っているのではなかろうか。 正直なところ、私もオーエル時代は自称アーティストやダンサーで、副業でウエイトレスやアルバイトで働いている人たちを見下している節はあった。今回、日本に長期で帰国して出会った人たちのお陰で考え方が180度変わったと言っても過言ではない。彼/彼女らはそれぞれの目標に謙虚に正直に忠実に、前向きに努力し、目標に対してブレない意志を持つ人たちばかりだった。私はその姿に心打たれたのだ。オーエルで正社員という肩書きに守られている立場にあった時、心のどこかで自分に正直に夢を追いかけている人たちを羨ましいと思っていた。自分は今のステイタスを捨てる勇気はない、でもまだ心のどこかで写真を諦められない中途半端な状態だった。嫉妬から来る見下し、これじゃ大嫌いなお局や上司と変わらない。しかしながら、ニューヨークにある日系のコミュニティに所属してしまっていると、自然と周りに流されて自分を見失ってしまうのだ。精神科に通い出して限界を感じたが故にオーエル強制終了に至ったのだが、その選択は正しかったと思う。 今でも仲良くしてもらっている当時の先輩や同僚たちのほとんどあのオフィスを去り、今は新しい環境でそれぞれ頑張っている。私もまた、写真への情熱を取り戻す事が出来た事は、無くなったカッコイイ肩書きの、何倍もの価値があると確信している。

僻みっぽい女、傾向と対策

前回も書いた通り、他人の幸せを喜べない心の狭い女たちだが、その「傾向と対策」についてご紹介しよう。 私は、この手の女たちに目の敵にされた事がない。 この手の女達は、幸せで生活が充実した女性を狙って攻撃してくる傾向にある。 つまり、彼氏/旦那のノロケ話をしたり、その他私生活が満たされている旨を口にする頻度が高いということだ。 プラス、顔が可愛かったり、スタイルが良かったり、若かったり、おっぱいが大きいと嫉妬に拍車が掛かる。 文章を読んで頂ければお分かりかと思うが、私はとてもひねくれている。いかに自分が不幸であるかをアピールする自虐ネタにより笑いを取り、何の躊躇いもなく下ネタを発言する等、やられキャラ/汚れキャラを貫いてきた。お笑い担当、ようするにオフィスでは完全なる道化だったので、プライドの高い例の女たちは、こんな汚れキャラでどうしようもない私を見て安心していたのであろう。「あいつよりかは私はマシだわ。」と。幸か不幸か、両親を恨むくらいにブスに産み落とされた上にスタイルもさして良くない、貧乳な上に根本的に男性にモテない。強いて言うなら若さだけはあったのだが、他のネガティブ要素にかき消されてしまっている。 私の例は少し特異というか、あまりにもネガティブすぎるのでそれはそれで問題ではあるが、例の女達の前では彼氏/夫のノロケ話や自慢話は控えめに、無難に美味しいレストランや芸能人の噂話である程度回避出来るとは思う。 ただ、顔が美人だとか、スタイルが良い女性は見た目が優れているというだけで、奴らの目の敵にされてしまう可能性は否めない。その場合、時々がさつな面を演じてみたり、ひたすら女達を持ち上げてゴマをすり、気分を高揚させておけば良い。社会はこんな理不尽な場所だけれど、女の僻みが原因でオフィスを去らなければいけない事もある。少し悔しいかもしれないが、一時的にプライドを捨てたり我慢したりする事もオフィスで生き抜くには大事なツールだと私は思う。

アメリカにあるブラック企業

新卒だと、自分がブラック企業で働いているという事実に気がつきにくいものだ。 何かが違う、と違和感があっても、新人だと、社会のルールの右も左も分からない、という謙虚な気持ちから、異常な会社/社風でも「こんなものか、自分の我慢が足りないだけ。」と気がつかないまま流してしまう。 研修中、ミスをしてしまった時に当時の上司に殴られた。それでも、ケガする程のもんじゃないから、殴られるのも教育の一部なんだろうと完全に洗脳されていたのだ。我ながら、この先も新興宗教の勧誘だけは気をつけたい。 アメリカにあるブラック企業の幹部たちは、以下の流れで新人を洗脳する。 会社:「社会とは、こんなものだ。それも知らないなんて非常識。我慢が足りない。」 新人:『ここで折れてしまったら、社会不適合者になってしまう!会社は厳しいところ、留学して就職までこぎつけたのに、このまま辞めるなんて、親に頭が上がらない!』 不当な残業、タイムカード記入忘れによる罰金なども「研修」という名の元に全て会社の都合の良いように言いくるめられる。 新人が物申そうとすれば「お前にその実力が伴っていないから発言の資格なし。現時点で、お前を雇っている分の給料は会社からすればマイナス、つまり給料泥棒。」等の暴言で対処されてしまう。何かというと「お金のない会社だから仕方ない。」で片付けられる。 更に、アメリカに残って働きたい新人社員を、就労ビザを餌に奴隷にする。 「そんな生意気な態度だと、ビザ出してあげないから。」 「会社がビザ代半額負担するんだから」と横暴で恩着せがましい態度。 この場合、会社の権力が圧倒的に強いので社員達は泣き寝入りが現状だ。 言い返そうものなら、アメリカにはもう滞在出来なくなってしまう。 又聞きではあるが、エピソードが一つ。 社員A君が就労ビザを取得した後、家庭の事情で急遽日本に帰国しなければならなくなった。 就労ビザは弁護士を介入して申請するので、数十万円単位でお金が掛かる。半額が会社負担、残り半額が自己負担。 A君に対し、会社は「何十万円も掛けてビザ出してやったのに、辞めるとは何事だ!会社負担分は払い戻せ!」 ちなみに、払い戻しの義務は法律にはないので、完全なる言いがかりである。 A君も、さすがに言いがかりの為に数十万円を無にする訳にはいかないと、意を決して会社に反論した。 「会社側の言い分は完全に違法です。僕に支払い義務はありません、弁護士と話を進めていますので。」 強気なA君に対し、会社幹部は動揺してフリークアウトしたらしい。 揉めに揉めた末、罰金は払わないまま退職に至ったとのこと。(当たり前だが) ただ、A君は日本帰国の前に彼女が遊びに来る予定だった。その計画を知っていた会社は、A君が退職するその翌日にはアメリカを離れなければならない様に手続きをしたとのこと。もし、A君が退職日の翌日にアメリカを出国しなかった場合、オーバーステイ(不法滞在)とみなされて、今後アメリカに入国する際に引っ掛かる可能性が出て来るのだ。 彼女のホテルも飛行機も予約していたA君…。彼がどのようにこの嫌がらせを乗り切ったかまでは私も聞いていないので不明。 しかしながら、こんな幼稚な嫌がらせしか出来ない会社、程度が知れている。腹立たしいのも呆れるのも通り越して、もう失笑するしかない。 他にも言い出したら、本が一冊発行出来る位に酷いエピソードが盛りだくさん。 アメリカで働くのは確かに刺激的で聞こえは良いが、このような思わぬ落とし穴があるので、会社選びには十分注意して頂きたい。

OLだった〜他人の幸せが煩わしい女たち

女の僻みとは、この世で一番恐ろしいものである。心の余裕の無さから、他人の幸せを心から喜べない女たち。 やれ結婚だ、出産だとなった時の、引きつったあの表情。 「Sさんの旦那さん、背低いよね。」 「子供が居るのは、遅刻の言い訳にはならない!子供に熱があろうが、業務に差し支えるという事実に代わりはない!」 「Tさんのウェディング・ドレス姿、笑えるわよね、あの顔でさ。」 「Aさんとあの旦那でしょ?子供の顔も大概でしょうね。」 自分に彼氏が出来たり、婚約した時の幸せアピールはしっかり忘れない。 自身の発言は忘れ、同じ事を陰で言われている事に気付いていない、おめでたい人達。 まあ、上記の女たちに男の陰なんぞ稀なので、そんな心配も必要ないが。 私は、そんなオフィスの女達を心から見下していた。私も穴だらけのどうしようもない人間だって分かっているけど、どうしても彼女たちだけは軽蔑せざるを得ない。 一番酷かったのが、先輩の結婚式での女達の態度。 式に呼ばれた時も、「あの人、友達少ないから行ってあげないと可哀相」だの「幸せアピールうざい」だのなんだの。 結婚式当日も、どうでもいい参列者同士のドレスアップ姿を褒め合い、先輩がバージン・ロードに登場しても興味を一切示さない。 しかしながら、出された料理だけはしっかり食べて帰る。 当時、新卒だった私は、同期のSさんと彼女らの態度にドン引きしたのを覚えている。式の途中、どちらからともなく目が合い、「えっ、これは…?」と無言の相づちを交わした。 社会の常識もマナーも何も知らない研修中の新人だった私たちでも、さすがにあの女達の態度が非常識である事くらいは察しがついた。オフィスは恐ろしい場所である。 私が居た環境が特異だったのかと思いきや、オフィス経験のある友達は皆、似たような女達に遭遇して来たとのこと。 この類いの女達に不愉快な思いをした私は、自分は絶対に同じ事は繰り返さないと心に誓った。 その誓いが守れていれば良いのだが、自分も心に余裕がない時は、あの女の怪物になってしまっているかもしれない。